顎関節症かなと思ったら放置しないで歯医者へ

顎関節症というのは、口を大きく開いたときに顎に痛みがあったり開け閉めしたときにコッキンというような音がする、スムーズに口を開けにくくなったなどさまざまな症状が現れます。
顎には筋肉と関節・神経が集中して下顎を支えていますが、話したり食事をするときにはこの部分が連動しています。
何らかの原因で顎関節に痛みが生じたり動きにくくなるのが顎関節症となります。

顎関節症の原因として考えられるのは、上下の歯の噛み合わせの異常やストレスや精神的な緊張が顎周辺の筋肉を緊張させてしまい、噛み合わせがアンバランスになってしまい顎関節に負担をかけてしまう。
歯ぎしりによって顎の関節に大きな負担をかけてしまうなどいくつかの原因が考えられます。
特に、原因は上記の一つだけではなく複数の原因が微妙にからみあって症状が現れることがあり、きちんと解明されていない点も多く残っているのが現状となっています。

セルフチェックとしては、口を開けたり閉じるときに顎関節でコッキン、カックンという音がする。
口が開けにくくなったり開閉をスムーズに行うことができない。
左右に口をうまく動かすことができない。
顎関節やその周辺に異常を感じるなどがあります。

顎関節症の治療法としては、上下の噛み合わせを均等にしていくことが重要となります。
噛み合わせを正しくすることで正しい位置に顎の関節頭を戻すことができ、スムーズに動かすことができますから、歯医者で診断をしてもらいきちんとした処置をしてもらうことが大切です。
顎関節症を放置してしまうと、頭痛や腰痛などの全身に及ぶ痛みやめまい・耳鳴り、歯の痛み・呼吸困難などが起こることもあります。
特に頬杖や左右どちらか一方でばかり噛むクセがある・歯ぎしりなどの日常生活のクセなども顎関節に負担をかける原因となってしまいますから、十分注意して改善させることが大切です。

歯医者での治療は噛み合わせを治すためにスプリントを用いて上下の噛み合わせを均等にさせ、顎の関節頭を正しい位置に戻していきます。
また、必要があればクラウンや入れ歯などを入れてかみ合わせを治す場合もあります。
重症になれば手術を行う場合などもありますから、放置せずに歯医者を受診することが大切です。
自分でできる管理方法としては、顎関節に負担をかけないように硬いものは避けておかゆややわらかいうどんなど、あまり噛まなくてもよい食事をとり、大きなあくびなどをしないようにするなど生活習慣の改善をはかることも大切です。